▲ 上記画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。


ももたろうの通所は現在 9 年目、訪問は3 年目に入り、約10% の方が両方のサービスをご利用されています。「同じ事業所を使う良さは?」と聞かれますが、何と言っても連携の良さ!体調変化は勿論のこと、食事や服薬の内容・タイミング、うれしい出来事なども担当者間で共有し、切れ目の無いケアに繋げています。ケアマネジメントにももちろん活かされており、ケアマネからの指名も増えています。

人生、順風満帆

 私は今89 歳。米寿の記念にと、同居する息子夫婦が新しく出来た歌舞伎座に連れて行ってくれました。大変心に残るお祝いでした。
 生まれは北海道小樽。運河の街、ガラスの街、にしん御殿で有名な街。生家は海産物の卸問屋でした。デイに新しい方が入ると「この方とお話をして下さい」と、必ずお願いされます。やはり生家がお店をしていたので、どなたとでもお話ができるのかなと思っています。殆ど店に出ることは無く生活をしていましたが、人に警戒心を持たないような対応はこの頃からだと思います。
 私の人生は順風満帆で、特に皆さまにお伝えすることはないのです。一番大変だったのは、主人が仕事の関係で転勤族だったこと。住友金属鉱山に勤め、金鉱石を採る仕事でした。主人は経理の仕事をしていたので鉱山へは入りませんが、色々大変な仕事のようでした。青梅に新しい工場を作る際、管理者に抜擢されて東京へ越してきました。最近まで年に一度は北海道に帰っていましたが、かれこれ半世紀以上東京に住んでいる事になります。
 今は府中に2世帯住宅を建て、息子夫婦と生活をしています。“デイサービス ももたろう” を知ったのは、息子が馴染みの理髪店で私の話をした際、店主から「うちのお袋がデイサービスの“ももたろう”に行っていて、とても楽しいと言っているよ。親父が亡くなって落ち込んでいたからね。」の言葉が切っ掛けです。通いだしてから、殆ど休んだことがありません。家にいたら何にもしないで一日が終わりますが、“ももたろう” に行くと毎日することが違って楽しいです。先日、雨の日のアウトドアでは、「MINANO」の100 円ショップへ行き、仲の良い方たちと色々な品物を見てまわりました。楽しかったですよ。
 ◆◆◆
 この方は3 年半前から利用され、一年前からは毎日のように通って下さっています。それでも毎回きちんとアイロンの掛ったブラウスを着ていらっしゃいます。いつもご自分で丁寧にアイロンを掛けられ、ご家族の分もされているそうです。その他にも、時々家族分のおかずを作られ、夕食はいつもご家族と召し上がられるとか。同居のお嫁さんからは「主婦の鑑」と評されるほど器用で、家事にも長けておられたそうです。大変社交的な方ですが、“ももたろう” を利用される前はほとんど外出されず、歩けなくなるのではと心配した息子様が、理髪店の店主に相談したという訳です。ご家族関係が円満だからか、ご本人も笑顔が絶えず、周囲に自然と人が集まってこられます。また、手先が器用なため、押絵などの製作も早くて丁寧。先に製作が終わると、周囲の方を手伝って下さることも。そのようにして、皆が笑顔になる好循環を生んで下さいます。自宅と“ももたろう” で充実した生活を過され、今なお『順風満帆』が続いている様子です。
 ももたろうの好きなところは?の問いに「毎日来ても飽きないし、皆さんの話題が豊富で話す事が楽しみ。元気なうちはずっと来たい。ここで倒れたいと思っているけど、迷惑よね?それなら、別のところで倒れますわ」と。

0